異音検知テスター RT-303A

4チャンネル、ピークホールド機能付

異音検知テスターRT-303Aは、自動車走行時に発生する異常音の発生源を検知するためのテスターです。 検知センサーはマグネット吸着型振動加速度センサーを使用し、4チャンネルで小型・軽量なテスターです。 異音表示はバーグラフタイプで大変見易く、ホールド機能を持っています。 また、各チャンネルの信号を記録し、ヘッドホンで何度でも確認することができます。

 

用途

自動車のエンジン、サスペンション、ミッション、デフ、回転部分等の関係の異常音発生源や、燃料パイプやクーラーパイプ内の流動音等の自動車各部全般を確認することができます。

特徴

  • コード5m付のマグネット吸着型の小型加速度センサーは、Ampを内蔵出力インピーダンスが低いためセンサーコードからの誘導ノイズを受けにくくなっています。
  • 入力Ampからの信号は4段階に可変可能で、4CH同時にバーグラフ表示します。
  • センサーからの信号は特殊な周波数特性で異音検出を目的とし、高域異音が強調されて出力され、また録音再生が可能となっています。
  • 別売の小型マイクロホンが接続可能で、音圧で異音が検出できます。
  • 10個のLEDで表示、瞬時値表示と最大値ホールドが選択できます。
  • 電源は単3乾電池4個で、電池消耗時にはLOW-BATT警告灯が点灯して交換時期を知らせます。

付属品

  1. マグネット吸着型振動ピックアップ (コード5m付)×4
  2. ヘッドホン×1
  3. キャリングケース×1

オプション

  • 小型マイクロホン

仕様

異音検出 マグネット吸着型Amp入りセンサー
検出信号 4CHセンサーで加速度として検出
検知方式 10素子LEDによるドット表示方式
表示方式 対数圧縮されたピーク値表示
保持方式 アナログピーク保持、リセットは同時
感度切替
10~40dBの感度切替SW及びボリウム
H.P出力 100mW出力、左右同時可変
電源 単Ⅲ乾電池4本(連続30H、アルカリ電池)
電圧監視 赤LEDにて電池交換時期警告
重さ 約650g(電池含む)
本体寸法 225(W)×160(D)×28(H)mm突起含まず

価格(税別)

¥ 180,000